Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

うちのカジノがまた営業停止しました。すぐ再開したけど。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。おじさんカジノディーラーです。

皆様お久しぶりです。いかがお過ごしでしょうか。ブログの存在を忘れてましたので、約10か月ぶりの投稿になります。とあるキッカケでブログを投稿することになりました。久しぶりに投稿しようと思い、ブログの管理画面に入ろうとしたのですが、パスワードもわからず四苦八苦した次第であります。

なんとかログインしたのはいいのですが、通知やスパム、問い合わせ等で、管理画面は無茶苦茶な状態です。問い合わせは、どうやってカジノディーラーになったのか系、転職しようと思いますがどう思いますか系、どこのカジノスクールがいいのですか系、オンラインカジノの広告を載せてくれ系等、様々な方々から沢山、頂戴しておりましたが、返信できずに大変申し訳ございません。あいかわらずオンラインカジノ系は山ほど来ているけど、いい加減やめて欲しいですね。報酬なんかいらないです。オンラインカジノの広告は載せるつもりはないのであります。

またブログの訪問履歴を見たところ、投稿ないにも関わらず今なお多数の方々が訪問をしてくださっている方がいるようで、自分の更新頻度の低さに申し訳なさでいっぱいです。

前回投稿したのは2020年7月ですから、あれから今までの10か月、どのように過ごしてきたかというと、、、まあ普通に生活してました。このコロナ禍の中、おかげさまで契約更改となり、今年もカジノで働くことができてます。例年は貰えていたボーナスや、年に一度の昇給はなかったのですが、この状況で贅沢は言えず雇ってもらえているだけで感謝するしかないように思います。契約更改できずに日本やマレーシア等、母国に帰った同僚も多数いるので寂しい限りですが、好転するよう耐えるしかないでしょう。あとはいつ何時クビになっても困らないように準備しておくしかないですね。

仕事の日は会社に行って粛々とカジノで働き、休みの日は家に籠って趣味の時間といったところでしょうか。平日も休日も時間に余裕があり、趣味に時間を費やせる生活は快適です。但しコロナのせいで1年半、妻に会えてないのが辛いです。妻は日本でリモートワークをしており、毎日Skypeで会話しておりますが、やはり会えないのは最大の不満であります。妻にも申し訳なく、早く日本に帰りたいです。

まあ、そんなことはさておき、この数ヶ月、シンガポールは日本と違い、市内の感染者ゼロとか一桁でコロナを抑え込んで、街中は人で溢れていました。カジノも週末や休日はお客様が結構いらっしゃるようになり、会社の業績をみても徐々に回復してるようで、コロナの影響が薄れてきたかなあという感じでした。

ですが、ここ最近、多分インドや海外から持ち込まれたのでしょうか、シンガポールの感染者数が徐々に感染者が増加してしまっている状況です。とはいってもシンガポールの1日あたりの感染者数は30~40人あたりを推移している感じで日本とは比べ物になりませんが。。。

先週、シンガポール政府はこれ以上被害を拡大させないようにコロナ対策強化として、サーキットブレーカー中(ロックダウン中)のように外食禁止や日中行動の制限を1か月程の期限を決めて、即実行開始となりました。カジノも1テーブルあたりお客様3人までだったのが、1テーブルあたりお客様2人までになりました。

「うーん。飲食業の人達、また大変だなあ。外食できなくなるの嫌だなあ。」と、ボーっと思っていたら、なんとカジノも急遽、営業を停止してしまいました。うちのカジノディーラー2人がコロナに感染したようで、カジノ内を一度キレイキレイしましょうということのようでした。いつまで閉めるんだろうと思っていたら、停止期間は2日間だけでした。良かった良かったと思い、カジノの再オープン後、出社し、カジノフロアに入ったら、まったくお客様は来店されておらずガラガラでした。「ディーラーから感染者でたし、そらそうだよなあ。お客様もこんな時はカジノに来るの警戒するよなあ。これからどうなるんだろう。」とその日の仕事が終って、帰路についていたら、私の身にも予期しない事が起こりました。。。

ということで、長くなったので、今日はこの辺で。

こいつも元気です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

22人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP