Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ゴールデンウィーク期間中のシンガポールのカジノフロア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。おじさんカジノディーラーです。

またもや更新が滞っておりました。まあ、色々と忙しい日々を過ごしていたのでありますよ。毎週のように同僚と飲み歩いたり、PCゲームのAnno1800にハマってずっとプレイしてたり、ゴールデンウィークには妻が10連休でシンガポールに来てたので、私もちょこっと連休を取得してダラダラ遊び惚けたりしてました。いやーやはり、ゆとりのある生活はいいですねえ。日本で社畜サラリーマンとして働いていた時代には、考えられない生活です。

ただ、外出時に歩きiPadをしていて、足のすねを豪快にバス停のベンチにぶつけて流血したり、家のドアで顔面を強打してタンコブができたりして、身体へのダメージも大きい日々でした。未だに足と顔がジンジンを痛い状況なのであります。

まあ、そんなことはさておき、日本はゴールデンウィークで、今回は10連休だった方も大勢いらっしゃったようですね。特に元号が変わるというイベントがありましたので、ちょっとした正月みたいな気分だったんじゃないでしょうか。シンガポール在住なのでよくわからないのですが、ネットで日本のニュースを見ていると、カウントダウンとか令和婚とか、なんやかんや騒いでいるのが見受けられました。渋谷のスクランブル交差点や道頓堀に若者が集まって騒ぐのは何か違うと思いますけどね。ああいうのを見るとなんか悲しいなあ、、、というか情けないなあ。

と、まあ、そんなゴールデンウィーク期間中のシンガポールですが、やはり日本から旅行者でいっぱいでした。妻と一緒に、セントーサやマリーナベイサンズ、シンガポールの街中などを散策してたんですが、どこにいっても日本人に会いました。

当然、カジノフロア内も日本からのお客様がいっぱいいらっしゃってました。過去最高に日本のお客様に色んな説明をしたような気がします。最近はカジノディーラーではなくスーパーバイザーとしての勤務なので、ピット内を動き回ることが可能です。ですのでピットの近くに日本のお客様がいるとそこまで歩いていき、話しかけることができます。ディーラーのときはテーブルから離れられませんでしたので、2つ先のテーブル辺りに困ってそうな日本のお客様がいた場合、話しかけられなかったりして残念な思いをしてたのですが、スーパーバイザーになって、動きに融通が利くようになったので良かったです。

日本のお客様と話して、一番多い質問はやはり以下でしょうか。

「カジノ初めてなので遊び方教えてください!」

やはり、まだカジノのない日本ですので、ゲームや現金、チップの替え方など、カジノの基本的な遊び方を質問されるお客様が多いですね。

あと、他に、今回のゴールデンウィーク期間中、日本のお客様から数多くの質問を頂きました。質問されたことを挙げてきますと。。。うーん。長くなりましたので今日はここまでにしましょう。また次回続きを書きます。

こいつは家の近くの飲茶屋の横で見つけました。牛みたいだなあ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP