Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

カジノ内のマナーについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。おじさんカジノディーラーです。

今日はカジノ内でのマナーについて書きたいと思います。

まずカジノに来たことがない人は、カジノに入るための服装について気になるのではないでしょうか。結論から言うと私が働くシンガポールのカジノではあまり気にしなくて結構です。普通に街を歩く格好で入ることができます。水着とかでなければ普通に入れます。首元ダルダルの常連の中国人やインド人がわんさかいます。ビーチサンダルはダメ!とかよく言われますが、そこら中で歩いています。まあ日本からの旅行で来られている方は、みんなある程度の恰好をされているので、地元の常連連中よりよっぽど立派に見えるでしょうw

あと注意してほしいのは帽子ですね。前につばのあるキャップとかはNGです。顔が見えるように唾を後ろ向きにしなければいけません。でも後ろ向きにすればキャップをかぶっててもOKです。あとサングラスもNGです。サングラスはカバンなどにしまいましょう。大きなバックも入り口で止められるかもしれませんね。確かロッカーみたいなのが入り口付近にあったようななかったような。。。(すみません。よく覚えてません)ただ「お前、スーパーの帰りか!」っていうようなビニール袋を持ったおばちゃんもうろうろしているので、そんなに気にすることないでしょう。

あと、マナーから外れるのですが、シンガポールでは入場するときにパスポートの提示が必要です。私が行ったことがあるカジノで入り口でパスポート提示を求められたのは、シンガポール、韓国ぐらいですね。それ以外のアメリカ(ラスベガス)、マレーシア、マカオ、フィリピンでは、入場時にパスポートは必要なかったです。ただ、どの国のカジノに行くときも、必ずパスポートを持っていきましょう。年齢確認やキャッシュチェンジで必要だったり、メンバーシップカードを作ったりで絶対に必要になってきます。必ず持っていきましょう。

マナーに戻りますが、日本の方なら普段の生活と同じような感覚で、カジノ内で遊んでも何の問題もないでしょう。たまに旅行に来てハッスルしてらっしゃる日本の方もいますが、中国人のマナーの悪さに比べたら多少騒いでもかわいいものです。なにしろバカラのテーブルをバンバン叩くのは当たり前で、急に奇声を発したり、負けて絞ったカードをディーラーに投げつけるような輩はよく見かけます。ディーラーになって初めの頃は「なんだ。このカオスな状態は。。。」と唖然としてましたが、かなり慣れました。慣れるのもどうかと思いますが、やはり民度の違いかなあと感じてしまいます。まあ大金がかかっているので、多少はわかる気もしますが、やはりもっと落ち着いてカジノの楽しんでいただきたいですね。皆さんもカジノに行って、負けたときの態度には気を付けましょうw

あっ、、、ただディーラーになってディーリングをしていて一番衝撃だったことがあります。これはディーラーとか関係ないかもしれませんが、ゲーム中、カジノ内の真っ赤な絨毯に平気で唾を吐く人がいたことです。それもかなりの大金を賭けるビックプレイヤーです。バカラで1ゲーム終わると横を向いて「カー、ぺっ!!」って吐くんです。えええええ嘘やろーってチップ整理しながら唖然としてしまいました。その方はさも当然という感じで、「次の勝負、カモン」みたいに待ってます。なんなんだこれは。。。と思いながらも次のゲームに進むしかなかったです。

もちろんこういうのは一部の方です。スマートにゲームを遊ばれる中国の方も沢山いますので、そういった方がもっと増えて欲しいと思います。当然、私たちもお客様に対し、もっとサービスを向上し、楽しんでいただけるように頑張りたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

14人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP