Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

カジノVIPメンバールームのトレーニング(Ruby Room編)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。おじさんカジノディーラーです。

このところ夜の勤務だったのですが、またもや3日間、お昼の時間帯の勤務になりトレーニングをしました。今回は何のトレーニングかと言いますと、Ruby、APEXやPaizaと呼ばれる上級メンバーのルーム、つまりVIPのお客様のためのルームでディーリングするためのトレーニングです。今まではメインフロアの地下と禁煙ルームの1階でディーリングしておりましたが、いよいよVIPのお客様のいる上の階でもディーリングする必要があります。今回は2階のRuby,APEXと呼ばれるルームでディーリングするためのトレーニングで、3階のPaizaプライベートルームはまた次のトレーニングだそうです。

いままでと違って専用のテキストがあり、様々な注意事項が書いてあります。チップセットも今まで通常のメインフロアで扱っていたのは2種類だけでしたが、上の階ではそこから8種類も増えて、10種類も扱わなければいけません。ローリングチップやプロモーションチップ、プレミアチップなどがあり、覚えるのが大変です。それぞれのチップセットに応じた配当チップがあるので間違えたら大変です。

あと、上の階ではお客様に必ずメンバーシップカードを提示していただいて、スーパーバイザーが登録してからでないとゲーム開始できなかったりします。いちいち登録を待つのがメンドクサイかなあと思いましたが、メインフロアと違い各テーブル毎にスーパーバイザーが1対1でピッタリ張り付いているので、特に問題ありません。下のメインフロアだとスーパーバイザー1人あたり4~6テーブルぐらいは見てるので、たまに呼んでもなかなか来てくれないときがあります。

その他にもメインフロアとの違いがいっぱいあって覚えるのが大変でしたが、まあ慣れなのかなあとは思います。あとはPaizaメンバーはGold、PLATINUM、DIAMOND、CHAIRMANとランクがありますが、それぞれのデポジット額はいくら必要とか、今まで知らなかった興味深いこととかを知れて良かったです。

実際の講習は1日半ほどで終わり、あとはOJTという感じで現場に行って先輩ディーラーに見守ってもらいながらディーリングをしました。緊張しましたが、知り合いのローカルの先輩ディーラーやスーパーバイザーだったので、リラックスをしてディーリングさせてもらいました。今後、1週間後くらいから上の階のルームにアサインされるようなのでミスがなく、お客様に良いサービス、ディーリングが提供できるように頑張りたいと思います。

なんか茶トラに見られとるで。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP