シンガポールのシーフードレストランNo Signboard Seafood Restaurant

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。おじさんカジノディーラーです。

昨日はお休みでした。ちょうど、日本からカジノのスクール時代の同級生が、ご友人と共に来てましたので、呑みに行きました。こっちで働いているスクールからの仲間も一緒にです。なんかちょっとした同窓会でした。

ローカル感の漂うのシーフードのお店というリクエストがありましたので、前から行きたかった家の近所のお店に行くことにしました。

No Signboard Seafood ゲイラン店

このNo Signboard Seafoodは、チリクラブを筆頭に、カニ、エビ等の甲殻類などのシーフード料理が有名なお店です。ゲイランだけでなく、エスプラネード、クラークキー、ハーバーフロント(VivoCity)など、シンガポール内に数店舗ある人気店のようです。中でもゲイラン店だけ異色で、ローカル感たっぷりのお店なのであります。

ということで、最寄りの駅であるAljunid駅に集合し、さっそく向かうことにしました。駅から数分歩くと、すぐにお店に着きました。

お店に着くと玄関で、いきなりカニの石像がお出迎えです。

あと、創業者なのでしょうか。社長なのでしょうか。誰なのかわからない人2人の石像がありました。謎ですが、きっとお店に所縁のある人でしょう。きっと。

カニのオブジェ。鶴もいますね。

中華なお供え的なもの。

厨房のあたり。

カニさん。

魚1さん。

魚2さん。

エビさん。

貝さん。

デザートさん。

まあ、これら写真のように、辺りを見回すと、カニのオブジェや食材のカニや魚の入った水槽があります。やはり、なかなかイイ感じの雰囲気ですね。ローカル感が満載な感じがします。

さあ、いよいよ店内に突入なのであります。店内は平日にかかわらず、超満員です。「ヤバイ。予約が必要やったか。」と思いましたが、店員さんがなんとか私達の5人分の席を確保してくれて、座ることが出来ました。

チリクラブが名物のようですが、明日、同級生達は別のお店で食べる予定とのことでしたので、別のシーフード料理を頼むことにしました。

まずは、なんか葉っぱの炒め物。うん。シーフードじゃないですね。なかなか美味しかったです。

そして、カエルの炒めたの。牛蛙ですね。英語でBull Flogです。略してBFですね。これはシーフードと言えるのでしょうか。

カエルは初めて食べたような気がします。聞いていたようにチキンのような感じがしました。以外に美味しかったです。骨が結構ありましたね。カエルさん。

エビです。まぎれもなくシーフードです。これは間違えなく美味いですね。

麻婆豆腐です。ライスの上にバウンドさせて食べるやつです。まあまあです。うん。シーフードではありませんね。

飲み物は、初めビールでしたが、途中からこれです。

そうです。紹興酒です。やっぱり中華はこれでしょう。久しぶりにのみました。うーん。効きますね。

最後にデザートは、なんかアイスと杏仁のやつです。美味しかったです。多分。というか、紹興酒で酔って覚えてません。。。

ということで、3時間以上、お店にいましたが、お酒と会話に夢中であまり料理が頼めなかったような気がします。また今度行きたいなあと思いました。値段は5人で260シンガポールドルぐらいだったような気がします。ローカルの店とはいえ、まあまあ高いですね。

ちなみに、この後、日本から来た同級生とその友人の方は、宿泊宿であるマリーナベイサンズに帰りましたが、私を含めた同僚ディーラー3人は、別の店で朝6時まで呑みました。

うーん。最近、呑みすぎですね。相変わらずアホですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク
PAGE TOP