カジノディーラーのトレーニング。カジノフロアでディーリングするためには。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。おじさんカジノディーラーです。

早いもので9月も、もう月末です。月末最終日がシンガポールの給料日ですが、最終日が日曜日のため、本日(9/29)が給料日になります。私も本日給料日で、オンラインで給料が振り込まれているのを確認しました。ちなみにシンガポールの銀行は通帳などなく、全てオンラインです。給料明細は会社のPCで確認できます。給料明細には、先月の基本賃金、住居手当、チップや夜勤、残業手当等がどのくらいあったのかが記載されています。今回、チップが結構入ってたのでラッキーですね。また、3か月間、No Medical Leave(医療休暇を取得しなかった)ので、特別手当が入ってました。こういう忘れたころに入ってくる手当も嬉しいです。

それはさておき、給料日の週末は以下の記事で書いたようにカジノにはお客様が大勢いらっしゃいます。

こんにちは。おじさんカジノディーラーです。 シンガポールでは毎月月末最終日が給料日という会社が多いです。うちの会社も月末が給料日です。...

カジノフロアは目まぐるしい忙しさなのですが、幸か不幸か、私は今週水曜からフロアに出ておりません。会社に出社して何をしているかといいますと、何人かの同僚のカジノディーラーとトレーニングルームで、新しいゲーム(私がまだ担当する権利を持っていないゲーム)のトレーニングをしてます。

うちのカジノの場合、カジノフロアでゲームを担当する条件として、トレーニングルームで、そのゲームのハウスルールやゲーム手順(ディーリングやアナウンス)、テーブルでの所作等を、トレーナーから習う必要があります。そして最終的にアセスメントを通過することで、そのゲームをフロアで担当する権利が得られます。基本的にどこのカジノでもこのようなトレーニング、アセスメントを実施した上で現場でディーリングが可能になるのだと思います。

色々なゲームを担当したいのですが、うちのカジノは2000人以上カジノディーラーが在籍してます。たまに会社内のポータルサイトに新しいゲーム担当の募集があった際には、かなりの人数が応募しているので、いつも結構な倍率になるようです。

今回、私がトレーニングしているのは、ブラックジャックです。ずっと担当したかったのに、全然トレーニングさせてもらえなかったので、ようやくと言った感じです。まあ大きいカジノのデメリットといったところでしょうか。また、アジアのカジノは中国人向けのバカラのテーブルが多く、ブラックジャックのテーブルは少ないです。ですので、ブラックジャックで必要とされるディーラーも、バカラに比べて少ないので、あまり募集がないといった感じです。

ちなみに、以前、以下の記事で書いた、カジノディーリングを競う大会をブラックジャックで参加したのですが、ハウスルールが私が知っていたルールとちょっと違っていたので苦労しました。

こんにちは。おじさんカジノディーラーです。 昨日は、ルーレット続きで久しぶりにバカラに入りました。うん。オーバードローしてしまいました...

それはさておき、担当するゲームが増えるのは喜ばしいことです。早くフロアに出て、ディーリングしたいですね。新しい担当ゲームの初めてのディーリングは緊張するでしょうね。優しいお客様ならいいのですが。。。

おい。今週、フロアに出てないから、めっちゃ楽やわー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク
PAGE TOP