シンガポールのラーメン食べ歩き5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。おじさんカジノディーラーです。

今日は一昨日、ラーメンを食べに行きましたので、その時のことを書きます。この日は仕事(夜勤)は休みではなかったのですが、なんか食べたくなり、前日の夜勤後に行った次第であります。

向かった場所は、Tanjong pagarであります。当ブログの熱心なウォッチャーならご存知だと思いますが、以前、以下の記事で、「Grand Opening on the Monday 11 June 2018」になっていた店、「麺屋 桜」さんがようやく開店しましたので、さっそく突撃してみました。

こんにちは。おじさんカジノディーラーです。 久しぶりの休みなのであります。休みということはラーメンを食べに行かないといけないのでありま...

麺屋 桜

Tanjong pagar周辺も慣れたもので迷うことなく、お店に到着いたしました。おっ、今日はやってるやってる。この前にはなかったノボリがありますね。つけ麺と豚骨醤油ですか。これはなかなか期待できますよ。いいですよ。

お昼時に訪れたのですが、この日は土曜日ということもあり、親子連れのファミリーでお店を訪れている方もいらっしゃいました。あとはカップルも。いずれも日本の方です。うーん。日本人はやはり麺好きですね。人気があるのはわかりましたが、本当に美味しいかどうか、私は自分の舌しか信用しないのであります。ようは濃いか濃くないか、なのであります。

早速、店内に入りましょう。店内はカウンター4,5席、テーブル席5席、外のテラス席3席程度あります。同時に20人弱は入れるのではないでしょうか。

お店の中はレトロなポスターで埋め尽くされております。これは何を主張しているのでしょうか。よくわかりませんねえ。あと提灯もあります。これは以前行った、漢(おとこ)ラーメンでも店内にありました。シンガポールのラーメン屋は提灯を置きたがるんですかね。

さあ、注文しましょう。以下がメニューです。うーん。今日もつけ麺が主張してきますね。一連のこの記事のタイトルは「ラーメン食べ歩き」なのですが、つけ麺の割合が半分以上なのであります。でも、そんなことは気にする必要はないのであります。ようは濃いか濃くないか、なのであります。

注文は紙に書いて渡す方式のようです。なかなか分かりやすくていいのではないでしょうか。

ということで、「豚骨つけ麺」と「ミニスパイシーチャーシュー丼」を頼みました。全部で17ドルぐらいでした。

待っている間、店内を見回すと、何やらキャベツ、プチトマト、コーン等が置いてあるコーナーがあり、目を奪われました。どうやら無料のサラダバーのようです。いいですね。サラダをゲットしました。本当はニンニクを食べたいのですが、この後、夜勤があるので遠慮しておきましょう。

そうこうしてると、ミニスパイシーチャーシュー丼がきました。食べてみると、結構辛いですが、味はまあ普通ですね。

そしてメインディッシュである「豚骨つけ麺」が着丼。

見た感じいいですね。食べてみると、美味しいんですけどねえ。。。うーん。濃くないんですよね。これでは高脂血症にならないなあ。成人病にならないなあ。糖尿病にならないなあ。今日も普通に豚骨ラーメン頼んだ方が良かったかなあ。いつもメニュー選び、失敗してるなあ。

濃いなあ指数:★★☆☆☆

麺をほぼ食べ終わってふと見ると、壁にはスープ割り選べるよって案内があります。

ゆず嫌いなんで「Clear Soup」をチョイスし、頼んでみました。

うん。スープ割りいれたら、ますます薄くなりましたね。そりゃそうですね。薄めて飲むものですもんね。

まあ今度来たら、豚骨醤油ラーメンを選ぼうと思います。んで、ニンニクめっちゃ入れて食べようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク